<< テレビ朝日が勝訴 「ロデオボーイ」記事で講談社に賠償命令 | main | 国交省が群馬・八ツ場ダムの入札を凍結へ >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - |

投票所入場券、性別表記消える

投票所入場券、性別表記消える 性同一性障害に配慮

 全国の主要自治体の5割超が、選挙の投票所入場券の「男」「女」の性別表記を03年衆院選以降の6年間にやめていたことが朝日新聞のまとめでわかった。戸籍と異なる性別で生活している性同一性障害(GID)の人たちから「投票の度に戸籍上の性別を再確認させられるのは強いストレス」との声が上がっており、配慮の表れとみられる。 >>続きを読む

 投票所入場券の記載事項について、公選法の規定はなく、自治体の裁量で決められる。03年11月以降に漢字などによる性別表記をやめたのは、今回の衆院選から実施した熊本、松山両市を含む39自治体。このうち、記載そのものを撤廃したのは10自治体、一見してわかりにくいように記号や数字(例=男1 女2)に変えたのは29自治体だった。男女別の投票者数を集計するために入場券を数えている自治体が多い。

posted by: zunboriwin | 政治 | 23:40 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

スポンサーサイト

posted by: スポンサードリンク | - | 23:40 | - | - | - |
コメント
 









トラックバック
 
http://zunboriwin.jugem.jp/trackback/177